FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Install Chrome Extensionが停止?

Opera使いの皆さんこんにちは。

今の新OperaはChromeエンジンを使っているので
Chromeの拡張機能を使えるのは皆さんご存知でしょうが
「Install Chrome Extensions」というOperaの拡張機能を入れて
Chromeウェブストアに行かないとインストールは難しいと思います。
※一応URL→https://addons.opera.com/ja/extensions/details/install-chrome-extensions/

ですが、最近のアップデートの波で
ChromeかOperaのどちらかが影響して
この拡張機能が使えない状態になっているようです。
その場合、「Extension source viewer」という
Operaの拡張機能を入れてみることをお勧めします。
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/extension-source-viewer/

これを入れても「Operaに追加」というあからさまなリンクは出来ないのですが
Chromeウェブストアの拡張機能のページに行くと
URLの右端にある「CRX」というアイコンが点灯します。
そうしたらそのアイコンをクリックしてインストールか
拡張機能そのものをダウンロード出来るようになったと思います。
デフォルトではメニューがポップアップするはずですので
一番下の「インストール」を選べばいいでしょう。

これでChromeの拡張機能を現在のOperaに入れられたと思います。
また、これを使うと拡張機能自体をダウンロードすることも出来るので
アレンジを加えてインストールするということも
ある程度のユーザーさんなら出来るかもしれません。

お役に立てたのでしたら幸いです(´˘`*)
スポンサーサイト

富士通のバッテリ充電制御ユーティリティが適用できない

そういう人はココ↓見て!
https://www.ikt-s.com/fmv-battery-control/

と、これではただの知恵袋になってしまうので日記にしますが
母のPCが富士通のものなのですが、中古PCでバッテリーもへろへろだったので
ある日、バッテリ充電制御のプログラムをインストールするようになりました。

ところがこれが成功しない…。
どうやらこれ、富士通拡張機能ユーティリティを入れないと
インストールしても上手く作動してくれないみたいなんですよ。

自分みたいにパソコンをバンバン使っている人なら
なんらかの形で入れるかもしれないんですが、母はそんなこともなく。

昨今、リチウムイオンバッテリーの爆発事故もありますし
怖いですよね。

というわけで、今回の結論を申し上げますと
まず「FUJ02E3デバイスドライバ」を入れる。(入ってる場合もあります。)
そんで「富士通拡張機能ユーティリティ」を入れる。
そして、ここで「バッテリ充電制御ユーティリティ」を入れる。
という流れになります。

何度も申し上げますが、「富士通拡張機能ユーティリティ」が落とし穴です。
他はWindows Updateで手に入るのに、何故これだけ除外しているんでしょうね。

なぜRadeonは18.12.2のドライバーを推すのか

結論!
「Recommended」のタグが18.12.2から取れてないから!
らしい…(;´Д`)

あくまでも19.1.1はOptional扱いで、最新ドライバーではあるものの
上記の関係で適用しても18.12.2ドライバーを推す形になってしまっている。

そんで18.12.2ドライバーを適用しても
19.1.1ドライバーをインストールするように推奨されてしまうんだと。

詳しいところはわからないが、サーバーから18.12.2が消えるのを待つしかない。

しかし、こういう記事が少ないのにびっくりした。
つまり、Radeonドライバーは昔からグダグダ設定である証拠なんだろうか。

GTXは画面暗転バグがうちのPCから取れないから仕方ないんだけど
なかなか癖のあるグラボなんだなぁ。

Windows10でシャットダウン後再起動してしまう

前々から気になっていたことなので記事にします。

Windows10でシャットダウンを選択しても電源が落ちず
再起動してしまう現象がありました。

これはOSのアップグレード後起こっている現象なのですが
Windows Update後も起こることがあるみたいです。

とりあえず私は
https://freesoft.tvbok.com/win10/general/no_shutdown_reboot.html
の記事にある「対処法1」のコマンドを
コマンドプロンプトで起動させて事無きを得ていたのですが
問題が起こる度にこれを入力するのは少々骨が折れます。

そこで根本的解決として
「エラーが起こっても再起動しなければいいのではないか。」
という考えに至りました。

それを実現しているのがこちらの記事です。
https://support.hp.com/jp-ja/document/c03582660
「起動と回復」の欄に注目して欲しいのですが
「システムエラー時に自動に再起動する」のチェックを外しています。

ある他の記事では逆に「チェックを入れる」とありましたが
それはたぶん筆記ミスなような気もします。
再起動で困っているんですから。

とりあえず今は最初の記事のコマンドを入れ
システムエラー時に再起動しないようにして様子を見ています。

この問題を抱えている人は意外と多いようなので
もしお役に立てれば幸いです。

また後日談も書いたほうがいいかな?

音響のあれこれ

唐突に結論を書くとするなら
「ヘッドフォン端子にステレオスピーカーを挿しちゃいけない」ってことだ。

自分は「Sound Blaster Z」の一番安い奴を使っているのだが
前に使っていた「PCIe Sound Blaster Recon3D r2」の
ヘッドフォン端子にステレオスピーカーを繋いだ時の音が良かったので
その流れでSound Blaster Zにも
ヘッドフォン端子にステレオスピーカー繋いでいたんだが
これが本当にマズかった。

今日、試しにSound Blaster Zのステレオ端子にスピーカーを繋いでみたら
「うおおおおおお」と叫び声を上げる程、音質が凄かった。
立体音響感も何倍も広がりがあるし、音質も格段に良い。
(ちなみにWindows10に搭載されている仮想立体音響は絶対オフで)

言い訳を単純に言えば、PCIe Sound Blaster Recon3D r2で聴いていた
音声ソースが悪かったのだ。

単にステレオのソースとは言っても音質もバラバラで
込められてる音声情報も違う。
ヘボなやつは本当にヘボで、僕はどうやらそういうのに出会い続けていたらしい。

たぶん絶対というほどいないと思うが
クリエイティブのサウンドブラスターのヘッドフォン端子に
ステレオスピーカーを繋いでいる人はいますぐ止めたほうがいい。
そして、良い音質のある音声ソースを是非探してもらいたい。

今まで「音響がいいと言ってもこんなもんか」と思っていたが
全然そんなことはない。
対応している音声ソースを選べば、ただのステレオスピーカーが化ける。

ほんと今まで何を聴いていたのかと後悔してもしきれない。
クリエイティブ信者とか言っておきながら
サウンドブラスターの性能を信じていなかったのだ…。

Appendix

プロフィール

しらたま

Author:しらたま
「この日記はミクシィ日記を基にしたサブ日記です」
という位置付けでしたが
こちらはこちらで進行していますのでお気軽に足跡などどうぞ(´∀`)
whiteballv3☆gmail.com
☆を@に変えて送信して下さい
足あと
Twitter
mixi
tumblr.
※業者の無断宣伝が多いのでhttp://を含むコメントをはじく設定にしました。
URLを貼ること自体は問題ないので気にしないで下さい。



最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。